casavouta日記

スリッパの作り方

 最近急に寒くなってきたので冬物のスリッパが早くはきたいと思って探したらどうしても出てこない。足は冷えるしもう待っていられなくなって作ってみることにしました。スリッパの作り方も読みましたが、履きたい感じと違ったのと早く作りたかったので適当に作ってみる事に。
 1 適当に紙を切って足に当てて型紙を作る。
 2 素材は捨てるにはもったいないか・・・と思っていた、フリーマッケットで買った分厚いウールスカートがあったので底に二枚、間にかかと部分2枚を張り合わせ、その下に張りを出す為に固い濃いグレーのフェルトを一枚入れて形をしっかりさせました。甲の部分はウールとフェルトを一まいずつ張り合わせて。
 3 まだ重みが足りないので裏に端皮を一枚つけ足し、千枚通しで穴をあけ、刺繍糸でかがって出来上がり。
 裏に皮を貼ると滑りにくくてよいです。たたいてパン!っという音がでるといい感じです。
 かたちがおでこちゃんになっているのはスポッと入る方が脱ぎ履きしやすい為です。でも口の部分は脱げにくいように狭めです。はき心地は初めて作ったにしては90点。もう少し重さと厚さが出ればベストだけど、それでもかなり履きやすいです。いや〜必要は発明の母といいますが、必要に迫られる物作りは燃えます。早速履けて幸せ〜。
d0016633_1327212.jpg

[PR]
by casavouta | 2009-10-28 13:24 | 日々