casavouta日記

<   2007年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

mapにむけて

写真を撮りたいけれど、まずはmapの仕上げに向けて加速中。一つ一つ形にしていかなくては。これでいける!と思うまで一年試行錯誤でしたが、今は完成図が見えているだけに、早く作って仕上がりが見たい。面白いものになると思います。これからはmapのブログに書く事が増えそうです。mapのHPもこれからはまめに更新していく予定ですので、たまに覗いてみて下さい。
 
[PR]
by casavouta | 2007-02-28 09:50 | map

雨男(雨女)考

 今日の東京マラソンの天気は石原都知事が雨男だからだという説が主流だけれど、あれだけの人数が参加しているから雨男も晴れ男も両方いるからなんとも言えないともいえる。  
 私の考えは、当初の予報より雨が止む時間が早くなった。そういうときは「雨男」より「晴れ男」の力が大きいと考える。
 晴れ男とか雨女とか、まあ良く考えれば変な話だけど、昔読んだネイティブ・アメリカンのメディスンマンの話、「ロ−リングサンダー」では確か天気を自在に操るような箇所があったのを思い出す。一体どうなってるのか分らないが、でも晴れ男っていうのは本当にいるようにも思える。息子の通っていた保育園の園長先生が有名な晴れ男で、行事事でどんなに予報が雨でも当日晴れる、もしくは雨は降らなくてすむ、雨が一日ずれる、っていうことが本当に多くて、近所の幼稚園が、「おたくはいつもついてますね!」って言って行事をうちの保育園と日程合わせたりしていた位なのだ。
  私は子供の頃、神様はいるかと思った時に一番考えたのがこの天気の事で、農家の人が「明日雨を降らせて下さい」と祈ってもう一人、明日遠足の子供が「明日天気にして下さい」と祈ったら神様はどちらの祈りをかなえるのかって思ったら、やはり「祈りが通じる=神様はいる」っていうことにはならないのではないかと思った。と、雨男雨女について考えてたらそんなことを思い出しました。
[PR]
by casavouta | 2007-02-18 20:03 | 日々

OZIO代々木

この度写真を担当させていただいた、代々木に新しくできたマンションOZIO代々木の内覧会の写真展示は沢山の方に見ていただく事ができました。一年がかりのプロジェクト、内装の最後のモノクロ写真の施工が無事終了し、引っ越し準備をはじめるこのマンションをながめながら、今回いろいろな担当の方々と試行錯誤しながらもとても楽しく、気持良く仕事をさせていただくことができたことが何よりもとても有り難く感じています。今回このプロジェクトに関わって下さった全ての方々に心から感謝致します。
 さて、この透明フィルムにプリントされた写真。想像以上に面白い効果がでているようです。写真から透けて見える景色やフィルムに反射した光や影、写真に撮ると良く分りますが、写り込みがまた新しい景色を作り、水面を撮影する時と似たような効果が出るのです。これからここに住む方々がまたこの空間にどんな印象をもっていただけるのかとても楽しみです。
d0016633_1294052.jpg
d0016633_12103014.jpg

[PR]
by casavouta | 2007-02-02 12:11 | 写真