casavouta日記

<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

町の本屋さん

 タロちゃんがついにしゃべり出す。「タロチャンニチワ」「ニチワ?」最近盛んに日夜練習を重ねているなあと思っていたところ、大分はっきりと「たろちゃんこんにちわ」が言えるようになりました。かわいさ倍増。
 近所の商店街の本屋さんがついに閉店してしまいました。シャッターのはり紙にびっくり。昔からいつも通っていた私には、結構ショックです。前は近所のいろんなお客さんの愚痴をよくきいていたやさしいおばさん。ドアを閉めないんですかと誰かが聞いたら、「となりがスーパーだから両手に荷物をもって入るのに大変でしょう」と言っていたのを思い出したり。今もお客さんも結構入っていたと思うのだけど、私みたいに結局買わないで出て行く人も多かったのかもしれない。欲しい本があればなるべく買いたいと思って入るのだけど結局なくて・・・ということが多かったのかな。
 大体の雑誌はコンビニに行けばあるし、ということで町から本屋さんはどんどんなくなっていくのだろうか。同じ雑誌でもコンビニで買うのと本屋さんで買うのは気分が違うものだ。本屋の独特の匂いがまた一つ嗅げなくなるのも寂しい。
[PR]
by casavouta | 2007-11-21 10:22

夢の代償

 首を強力に寝違える。痛くて全然動かないので、途方に暮れていたけれど、腰と肩を使ってひねると左右問題なく見ることができることを発見。
 昨日の夢は、カメレオン、カメ、蛇、といろんな動物を家に放し飼いにしていたら、ベビがカメを食べようとして、あわててカメをたすけようとしているうちに、カメがいなくなり、いつの間にかヘビがカメレオンになり、カメレオンもカメを食べる危険があるかと考えているうちに、首をぎくっとやってしまい目が覚めた。
[PR]
by casavouta | 2007-11-16 13:12

最近のタロちゃん

タロちゃんのしゃべったのはやっぱり気のせいでした。でも最近声のトーンが豊富になって、チンプンカンプンなことをひたすらしゃべりつづけています。言葉みたいに聞こえるので、気が散って仕方がない。言葉のようで言葉じゃない。音として聞けば気にならないのかもしれないけど言葉みたいについ聞こえるのでかえって混乱する。意味があるようで全然意味がないタロちゃん語。「○○○○○○チャンチャン!」とか「○○○○○○トウキョウトッキョキョカキョク!」とか、だんだん空耳アワーの世界になってきた。
[PR]
by casavouta | 2007-11-12 22:32