casavouta日記

<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

エラ・フィッツジェラルド

図書館で借りたエラフィッツ・ジェラルドのライブのベストを何気なく聴いてみたところ、もしかしたらjazzを聴いてこんなに最高!と思えたのは初めてかもという位、ツボにはまってしまう。「how high the moon」は今まで陥った事のないような感覚に連れて行かれました。こんな 「how high the moon」があったとは。「A-Tisket, A-Tasket」に至っては踊らずには聴けません。楽しみが一つ増えた感じ。いろいろ聴いてみよう。
[PR]
by casavouta | 2008-03-23 23:44 | 音楽

不思議なソファー

自転車で息子と多摩六都科学館へ。結構自転車こぐ。帰りに初めて「ニトリ」に立ち寄る。二階に不思議なソファーを発見。リモコンで「ウィ〜ン」という音とともに歯医者さんの椅子のように足をのせる部分が出てきて背中が倒れるしくみになっているのです。疲れた足に心地よい。息子と何度も「ウィ〜ン」と起きたり寝たりを続けていたら良い休憩になりました。3人掛けで超特価品で3万円しなかったのも驚き。こんなソファーが友達の家にあったら楽しいな。でも自分の家には置きたくないかも。
[PR]
by casavouta | 2008-03-22 23:17

食べられるきのこ

小石川植物園にて。休憩中、落としてしまったので植えてみました☆
d0016633_10433972.jpg

[PR]
by casavouta | 2008-03-19 10:43

東京タワー

 たまたまバスで前を通ったので東京タワーでおりてみました。お土産の階はたくさんの人でにぎわっていて、大仏の置物、スノードーム、ペナントなど懐かしい感じのお土産がいろいろありました。来たのは6年ぶり位、新しいお店も出来て中がずっときれいになっていました。
でも。階段を上ってみると相変わらずあの不思議な時代錯誤の感じはそのまま。お土産の階はすごい人でも、その上の蝋人形館の階はなんだか寂れた雰囲気で、人も少なく、屋上(頂上へ行く階段の入り口)は昔のデパートの屋上みたいになっていて、たそがれてしまう。
 久しぶりに蝋人形館に入ってみる。レオナルドのキリスト最後の晩餐の様子の絵を再現した作品に一番力が入っていて、広いスペースをとっていました。不思議です。
 お土産の階へ降りると今度は人がぐんと減っていました。そして外に出ると、沢山の人が展望台へ行くために並んでいました。
 時間や空間がグニャクニャ曲がったSF小説の風景みたいな東京タワー。 東京のシンボル、東京タワーはいろいろな所からたくさんの観光客が入れ替わり立ち寄っては消えていく場所。でもお客さんが帰って残された東京タワーはひとりぼっち。そんな観光地の寂しさを感じます。場所というもので括ってみたら、東京タワーの友達は東京にはあまりいなくても、全国の観光地という場所にまだいるのかもしれません。
d0016633_11112625.jpg

およげたいやきくんのUFOキャッチャー。今知っている子供はいるのかなと思ったら最近リバイバルしてまたCD が発売されたそうです。一回転してしまったのかと思ったら新製品だったのでした。
[PR]
by casavouta | 2008-03-12 11:11

楽しかったPTA

 「小学校で一回は何か今のうちやった方がいいよ。」という友達の一言で、PTAなんて、そのイメージからいかにも面倒な感じがするので関わらないようにと避け続けるつもりだったのだけど、広報ならできるかなと思い切って踏み込んだらこれが大当たり。「他の人がなかなかやらなくて決まらず、その重苦しい空気に耐えられず志望しました」といった、まあいっか的な理由で集まった人たちなのに、適材適所の絶妙なチームワークで、普段出会いたくても出会えないような面白すぎる人たちでした。
 ものを作るという大変さはあっても、PTAでよくあると聞いていた人間関係の大変さはゼロ。こんなことってあるんだなあと一年を振り返って、とてもすがすがしい気持ち。なんでもやってみるものです。
[PR]
by casavouta | 2008-03-09 10:54

ボルベール

 お世話になったe-macがついに壊れて、新しいmini macの快適さにパソコン漬けの日々。でもこのmacではHPが更新できなくなってしまった。どうしよう。
 ペドロ・アルモドバルの『ボルベール<帰郷>』をDVDで見る。面白い!ペネロペ・クルスが素敵すぎる。ペネロペのお母さん役はフジコヘミングに似ている気がする。おばさんになるということがこんなにポジティブでかっこいいのはスペインというお国柄なのか?フランス映画に登場する女性も年を経るごとに格好いいけれど、フランス人の格好良さはとても真似できない芸等に見えてしまうけれど、スペインの女性たちを見ると直球なのでスカッとして元気が出る。
 ペドロ・アルモドバルの作品の展開は毎回まったく予想ができない程ぶっ飛んでいるところが本当にすごいなあと思います。
[PR]
by casavouta | 2008-03-08 01:46