casavouta日記

<   2008年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ご来場ありがとうございました

 十月展は沢山の方々にご来場いただきました。ギャラリー工さんの、優しい和んだ雰囲気につつまれて、とても楽しい出会いや、友達との再会など、作品を通していろいろな方々とお話ができて、楽しく、刺激的な一週間でした。

 一番多かった質問NO.1はこの秋田の地獄谷の写真の「ここはどこですか?」でした。(展示ではさらにトリミングしていました。)カモメやクラゲをどうやって撮ったのかという御質問も多かったです。
 一体どこなのか、本物なのかウソなのか?ストレートな写真で、どこまで不思議を込められるか、自分自身がまず驚いたり、何かヘンと笑ってしまうような要素のある写真をこれからも撮っていきたいとあらためて思った次第です。

 足をお運びくださった皆様、工さん、まきちゃん、ミカちゃんに心より感謝致します。

d0016633_11175152.jpg

[PR]
by casavouta | 2008-10-21 11:17 | 写真

十月展お知らせ&mini map「topos/photograph 場所と写真」作りました

明日から展示が始まります。

kannazuki  
十月展   うつわと写真
2008/10/11(sat)-10/18(sat)
Open : 11:00-19:00
(最終日は17:00まで) 会期中は無休。
福島万希子(陶) 小浜 はるみ(写真)
ギャラリー工【こう】
地図
〒166-0011 東京都杉並区梅里1-8-8-101 
Phone/fax : 03-3313-5065

新作を中心に、空と水をテーマに水と空を行き来するかもめと、水の中のクラゲなど、生き物をとりまぜての風景写真を展示します。
d0016633_2259426.jpg

福島万希子さんは静かで力強い作品を作る陶芸家です。見応えのある展示になっています。
d0016633_2312636.jpg


mini map「topos/photograph 場所と写真」
それから今回、mapの個人版、mini map第一号を作りました。より手作り感が濃くなっています。テーマは「topos/photograph 場所と写真」。ここ数年、いろいろな場所の風景を撮りながら場所について考えたこと、そして場所を写真に撮ること、風景写真を撮ることについて考えた事を、文章と写真でまとめながら簡単な旅のガイドブックとしても読めるように作ってみました。展示の内容ともゆるくつながっています。ぜひ手にとってご覧いただければ幸いです。

d0016633_2334592.jpg
d0016633_2343614.jpg

d0016633_2395642.jpg

                      定価700円(税込)


陶芸と写真が調和して楽しい展示になっています。ぜひ足をお運びください。
[PR]
by casavouta | 2008-10-10 23:19 | 写真