casavouta日記

<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

紅葉

せっかくなので、昇仙峡付近の紅葉(こうよう)も。紅葉(もみじ)がきれい。至る所に落石注意の看板が立ってます。こうよう、と打っても、もみじ、と打っても「紅葉」になることに今気がつきました。赤いから紅葉?では本当ならば銀杏は黄葉?光を浴びれば金葉か?調べてみましたよ。コチラ
へえ〜
ためになったねえ〜♪
ためになったよ ♪〜
d0016633_1540078.jpg

[PR]
by casavouta | 2008-11-24 22:03

昇仙峡

  昇仙峡に行きました。バスを間違えて地元のバスに乗ってしまった為 、えらく遠回りしてしまいました。昔からダム、渓谷のような場所がちょっと・・・だったのですが、紅葉の名所ということもあり、一度は見てみてもいいのではということになりました。
 その遠回りバスコースのおかげで遊歩道を下って歩く事ができました。下から行った人たちはみんな相当きつそうでした。
 でも下りが楽とはいえ、いきなり現れた滝を見たら早速膝がガクガクに。昔、秋吉台の入り口で腰が抜けそうになった以来 のビビリ様でした。
 上を見ても下を見ても巨石、巨石、石もここまで大きすぎると理解を超える。巨石がてんこもり。でも自然の配置なので仕方がない。自然の風景というのは、たまたまそれを愛でる人に見いだされていくとはいえ、人間の都合のいいようには出来ていないことを実感します。
  水に濡れて黒光りする巨石や、ささくれのように見ていてかゆくなるような岩肌。ある観光案内サイトに「奇岩・怪石が楽しめる。」と書いてあったけど、本当に奇岩・怪石という言葉がぴったり。ふと「バロック」という言葉が頭に浮かぶ。これは自然のなせるバロック様式なのかも、と勝手に解釈すると少し気が楽になりました。
 上の方は紅葉もピークをすぎていました。紅葉よりも石ばかり見てしまいました。



d0016633_112694.jpg
d0016633_1122029.jpg

[PR]
by casavouta | 2008-11-20 22:47 |

東急

 最近は気づくとカーテンと窓を撮っていることが多いです。ここは吉祥寺の東急にあるイタリアンレストラン「サバティーニ」の窓。ランチがおすすめ、美味しいです。特にここの珈琲が大好き。
 このお店も視覚的にはヨーロッパですが、嗅覚的にヨーロッパの気分をふっと感じる瞬間があります。珈琲と香水の香りが入り交じったような時。デバートに行くとそういう感じがすることがあります。最近は海外に全然行っていないので、そんな時はトリップ気分で酔いしれてしまいます。香りの印象って、視覚よりずっと強く記憶とつながっているそうです。強すぎたり長く嗅ぐと気持ち悪くなりますが。
 それからこの東急は、エスカレーターの音がいい感じに独特のリズムを奏でていて癒されます。でも地下から一階に行くときのエスカレーターだけ非常にゆっくりに設定されていて調子が狂います。

d0016633_15181391.jpg

[PR]
by casavouta | 2008-11-13 15:18 | 日々