casavouta日記

DVD

 初めてネットレンタルしてみました。これ便利。「Contact」見ようと思って、検索したところ、もう一つ「Contacts」っていうのが出てきてこれが偶然にも写真や写真を使ったアートの作家のドキュメンタリーDVDだったので、おっ!これは!と思い、一緒に借りました。サラ・ムーン、ナン・ゴールディン、ソフィ・カル、杉本博、グルスキー等々興味深い作家が沢山登場し、肉声で自作を語るというとても貴重な内容のものでした。やはり写真を見ただけでは分からない、説明によって理解が深まることって沢山あるのですね。写真に興味がある人はおすすめです。でもかなり長くて真剣に見ているうちにだんだん頭が疲れてきました。
 肝心の「コンタクト」は率直に言って残念ながら私としては星2つといったところでしょうか。言わんとしていることは分かるんだけど・・・ん〜・・・ちょっとついていけなかった〜。もう一枚「Mr.ビーン カンヌで大迷惑」は息子のリクエスト。もう何回見させられたことか。でも私もこれは大好きな作品です。映像はきれいだしよくできてるし。大好きなジャン・ロシュフォールが駅のレストランの支配人としてほんの少しだけ出てるのですが、相変わらず素敵でいい味出してて何度も見てしまった。
[PR]
by casavouta | 2009-08-16 21:41